時期外れの様な気もしますが…。

こんばんは。
連日の猛暑のような気候…ハンパないですね汗
梅雨明けまであともう少し、時期外れだと思ったりもしましたが
せっかくなので、今回はストレートパーマ編。
ビフォア

クセと寝癖の見事な融合…。
ドラゴンボール風にいうとフュージョンって感じですかね。

前髪も落ち着かない感じ全開です。湿気って恐ろしいですね…
「顔だけは絶対写さないでね」
絶対に写しません!!!
髪が乾いている状態と濡れている状態のクセの感じを確認して
薬剤を選びます。ここが1番大切です。
クセが強いから、強い薬剤で…ってそんな単純なものではないん
ですね。しかもダメージの関係性もあるし…
約2年前まで、自分にそのスキルはありませんでした…。
ある先生に教わってから、今までずっと感じていた疑問が少し
解決されたのです。

ブロッキングの大切さも勉強したりしました。

そして薬剤の塗布の仕方も…

コツがあったりするのです。
言わずと知れた軟化チェックは要注意…。
神経をすり減らす作業です……。
アイロン前のドライをする時もツヤを出したいからといって
オイルをつけてしまっては、髪にとって大変なことになります。
その時は、髪に染み込むバター的役割を果たすコレステロールが
必要なのです!!

写真だと分かりにくいんですけど、(N)のストレートアイロンは
綺麗な赤色してますw
アイロンを入れ終わった髪に、そのまま2剤をつけたりするのも
薬剤によってはダメージの原因になるんです。
アフター

普通に乾かした状態です。艶っツヤです。

後頭部の自然な丸みもしっかり活きてます。
普段から極力ダメージさせない事が何より大切だと思います。
(N)salon  ナカジマ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です