(N)salonはBadens取り扱いサロン。

こんばんは。
お客様から「どんなシャンプーを選んだら良いのか?!」と
仕事をしていて聞かれる事が多々あります。
そんな時、僕は決まってこう答えます。
「洗浄成分、界面活性剤が良質なモノが良いですよ!」
界面活性剤にはタンパク質を変性させてしまう性質が
あります。
髪も頭皮もタンパク質で構成されています。
そう、界面活性剤の種類によっては洗う度に
タンパク質変性を起こしてしまい、
肌と髪の老化を加速させてしまっているという事実!!!
パーマやカラーだけで髪がダメージしているわけではなく、
毎日、使うシャンプー剤に原因があったりもするのです!
では、どのような界面活性剤が安全で良質なのかといえば
ラウレス-3酢酸アミノ酸(特許取得)です。
例をあげると、
一般的に使われていたりする界面活性剤、
ラウレス-3硫酸Na。 タンパク質変性率   61.1%
(N)取り扱いバーデンスに使われている界面活性剤、
ラウレス-3酢酸アミノ酸。 タンパク質変性率  3.9%
この数字から見て、バーデンスはほぼタンパク質変性を
起こさないに等しい…
タンパク質変性を起こさない=肌と髪の老化を加速させない
肌と髪の老化を加速させない=肌と髪が健康で綺麗な状態で
              いることが出来る。
さらに、このバーデンスの特徴は界面活性剤だけではなく
セラミドポリマーとレシチンポリマーという機能性化粧品
素材がまた素晴らしい効果をもたらしてくれたりします。
セラミドポリマー等については長くなってしまうので
今回ここでは書きませんけど(汗
安全・安心なシャンプー選びで普段の悩みや不満が解決
されたりもするのです!!
肌、髪、頭皮からカラーリングの色持ちまで、
すべてにおいて大きな差がつきます!!
なにしろバーデンスに出会って約2年半以上…
使い続けている僕自身がなにより違いを実感しています!!!
リピート率もかなり高いです。
自分自身が本当に良いと思ったモノでしかお客様に
お話したくありません(熱ッ

(N)salon   ナカジマ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です