好評にて?!パーマスタイルサロンワーク編…。

こんばんは。
少し前に、パーマスタイルの営業風景をブログにアップしたところ、
その後、3名のお客様がそれを見て「パーマをかけたくなった」と言って下さいました。
嬉しくなって今回はラクトンを使ってのデジタルパーマ編。
ダメージの基本はアルカリ膨潤だと考えます。
酸性領域でかけられるという点では、今のところ
貴重な薬剤と言えると思います。

(N)のデジタルパーマはこんな感じ…。
低温でかれられる優れモノ。ちなみにこの時は60度。
70度以下でかけることが出来るのは特徴の一つ。
高温はダメージに繋がりますね。

ロットを巻いたまま2剤をつけて、ロットアウトするとこんな感じに…。
デジタルなのに、ロットを巻いたまま中間水洗出来て、
ロットを巻いたまま2剤がつけられる…このことは画期的なのです。
ドライして軽~くスタイリング剤をつけて…。


良い感じになりました~
従来のデジタルパーマにありがちな、かけて髪が硬くなる様な感じがないのです。
柔らかく触れたくなる様なカールが理想ですね。
その為には、普段から極力ダメージさせない施術が必要です。
パーマだけに限った話ではないのです。
すべてのメニューにおいて、ちょっとした違いが数ヶ月、何年も積み重なると
頭皮と髪の状態に驚くほどの差がでてしまうのですね。
(N)salon ナカジマ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です